年末配慮要請について

この度、公正取引委員会及び経済産業省より、年末に向けた下請取引の適正化について協力依頼がございました。 公正取引委員会及び経済産業省は、日頃より、下請代金支払遅延等防止法に違反する行為に対して迅速かつ効果的に対処するとともに、下請法の普及啓発を行っております。 さらに、これから年末にかけて資金需要が高まる中、下請事業者の資金繰り等は一層厳しさを増すことが懸念され、親事業者が下請代金を早期にかつ可能な限り現金で支払い、下請事業者の資金繰りに支障を来さないようにすることが必要です。...

建設キャリアアップシステム通信第38号

「建設キャリアアップシステム」の運営主体である(一財)建設業振興基金より、取組や進捗状況等の情報提供として、「建設キャリアアップシステム通信 第38号」が届きましたのでお知らせします。 Loading... Taking too long? Reload document | Open in new...

建設業法施行令の一部を改正する政令について

この度、国交省より周知依頼がございました。 詳細は以下となります。 令和4年11月18日、建設業法施行令(昭和31年政令第273号。以下「令」という。)において、特定建設業の許可及び監理技術者の配置が必要となる下請代金額や監理技術者等の専任を要する請負代金額等の引き上げ並びに技術検定制度の見直しを行う建設業法施行令の一部を改正する政令(令和4年政令第353号)」が公布されました。...